成功者列伝

在宅中国貿易

自分のちからで稼ぐ経験を起点として、
豊かな人生を手に入れて頂くためのご提案

スマイルプロジェクト

心から楽しい毎日を。
笑顔が増えれば幸せも増える。

無料メール講座

再現性の高い在宅中国貿易のノウハウを
丁寧にステップアップ式で伝授


スクール生の体験談

当スクールの生徒の皆様の体験談を公開しています。
10代〜70代まで性別を問わず実践可能です。

無料ビデオコンテンツ

当スクールのノウハウを学べるビデオを
無料で公開しています。

講師:金城さん

kaneko

成功者列伝

講師:金城さんの場合

在中を始めた状況、その時の心境

私は今までに3回転職を経験しています。

最初の会社は、親のコネで入社した自動車ディーラーです。
そこそこの営業マンでしたが、さらなる営業力を身につけるため、
損害保険の最上級の資格を取りました。

ただ、その件が人事部の耳に入り本社の保険部門に
異動となってしまいました。歩合手当もつかない間接部門に
なった為、急激に給料が下がりました。

そんな時、当時の同僚に某マルチ商法のセミナーを紹介され、
その同僚と「上のラインの人」である、同僚の義理の姉に
「絶対に成功するから!」と刺激され、私もマルチを始めました。

しばらくすると、うまくやっていたつもりが、なぜか会社にバレました。
私がマルチに勧誘した人が、私の会社に電話してきた様です。
12年勤めましたが、あっけなくクビになりました。

妻と当時6歳の娘と3歳の息子、家族の為と思って始めた事が
逆に危機にさらしてしまい、また、両親にも情けない思いを
させてしまいました。

次に就職したのは、宅建等の国家資格を扱うスクールの営業です。

今でこそ「ブラック企業」と言う言葉がありますが、まさに
それを絵に描いたようなブラックさ!
長時間労働・休日出勤・上司からの恫喝・成績不振時の吊るし上げ研修等
大抵の中途採用の新人は、3ヶ月で90%以上が辞めていく、そんな会社です。

あまりの離職率の高さに、労働基準監督署が定期的に調査・指導に入る
ような会社でした。そんな会社になんとか踏ん張り、1年程勤めた時、
新潟に新規出店の為の、立ち上げ人員として抜擢されました。

周囲からは一目置かれ、若干の手当が付く事もあり、単身赴任で
行く事を決めました。4年間くらいは順調に成績も伸びていましたが、
長い単身赴任生活で仕事へのモチベーションが下がり、成績不振が
続くようになりました。

元の支店へ戻されますが、すぐには成績も好調にはならず、
7年勤務のベテラン組でしたが、あっけなくリストラになりました。

ただこの時は開放感からか、すごく晴れやかな気持ちでした。
娘は中学2年、息子は小学5年生に成長していました。

その次は社長(奥さん)・役員(ご主人)・パートさんと私の
4人の小さな会社です。中国で医療向けのマスクや縫製品などを
作って売るような会社でしたが、給料は前職と比べて6割程でした。

入社から1年後に社長から「会社が業績不振なのでやめてほしい」
言われました。
この時は特に何も思いません、早く次を見つけよう!と前向きでした。

この時期は、生活には全く余裕がありませんでした。
妻とは毎日お金の事で言い争い、2人の子供もいるため、
将来が不安で常に悩んでいました。
真剣に深夜のコンビニのレジに立つ事も考えました。

そんな時に、購読していたメルマガで、鈴木さんの「在中」を知りました。
教材を読み始めたら、「俺にもできるかも」と言う内容でした、

しかし、自分の飽きっぽい性格や、教材のボリュームから
一人でそれを進め、続けていく事に自信がありませんでした。

そしてタイミングよくスクール開講の案内がありました。
当時のそんな経済状況から「絶対抜け出そう」と2期在中スクールの入学を
誰にも相談せずに一人で決意しました。

大金がかかる相談をすれば必ず反対され、チャンスが遠のいてしまう。
今のままの生活が続く事になるのが一番嫌でした。

始めて1か月経過した頃の状況、その時の心境


音声対談でもお話しましたが、スクールに入学した事の安心感から、
最初の1ヶ月は、結果も出ていないうちから「大丈夫だろう」と
根拠なく勝手に思い込んでしまいました。

リサーチの課題提出もうまくいかずに、ダメ商品を深追いし、
無駄な時間ばかりかけていました。

なぜ、卒業時結果が芳しくなかったのか?

2の状況から、他の同期の方に比べると1段階も2段階も遅れを
取っていたと思います。この遅れがそのまま卒業時の結果に
現れました。

しかし、人より遅れた為に「良かった」事もありました。
それは、他の人が失敗した事例を、自分が経験する前に知ることができ、
それをやる時は一切失敗をせずに、上手くできた点です。

そして、遅れていた自分が、一気に加速できた、大きなきっかけと
なったのが「復習コンサル」今で言う「エリートコンサル」に
出席した事でした。

PCの画面を講師の方と一緒に見ながら、今まで曖昧にしてきた事や、
気づかずに間違っていた事、全くわからなかったこと、
リサーチや商品ページ作りまで、全てクリアになりました。

そこからは在中がさらに楽しくなり、自分の生活の中心が在中になりました。

卒業後フォローアップコンサル(フォロコン)を始めた時の状況、その時の心境。

卒業時は行動も結果も全て中途半端で、スクールの環境がなくなる事がすごく不安でした。
何より、毎月楽しみにしていた仲間との交流もなくなるのは、すごく寂しかったので
フォロコンの存在を知ったときは、少しホッとしたことを覚えています。

しかもフォロコンの内容は、自分が加速できた復習コンサル(現エリートコンサル)同様、
毎月マンツーマンで指導してもらえると分かり、迷い無くお願いしました。

フォロコンから実績が伸びた時の心境

フォロコンでは最初の面談で、現在の自分の状況や資金力、時間の取り方から目標設定まで
自分の生活スタイルに合わせて講師と話し合いました。

毎日担当講師に「日報」でその日の実践内容・売り上げを報告、そしてアドバイスを
もらえた為、自分の「今」やるべき事が明確になり無駄な時間を使うことが激減した
という実感がありました。
面白いように実績が伸びて行き、毎月の面談日ごとに前月の倍の売り上げを報告できました。

担当講師とのチャットワークは冗談を言い合ったり、ふざけあったりする内容も多く
「楽しく実践していたら売り上げが伸びた~」と言う感覚です。B型の性格でしょうか?
マイペースで小さいことは気にしないのも良かったかもしれません

これからの状況、その時の心境

私が鈴木さんはじめ、講師の方達や在中仲間と深く関わる理由は「楽しいから」です。
楽しいから一生懸命になれます。今は講師として関わらせてもらっていますが、
最高に楽しい日々です。過去にあった、厳しい仕事やお金のない日々にも、今は感謝です。

ひとつ決めていることがあって、マルチを勧めてきた元同僚や、以前の会社の上司と
もし街でバッタリであったら、最高の笑顔で「おお!元気ですかー!?」と握手して
ビックリさせようと思っています。痛快ですよね?

最後に、私がお金に苦労していた時に出会った文章を紹介させていただきます。
私はこれをプリントアウトしていつも手帳と一緒に持ち歩いて読み返していました。
よく見ると、鈴木さんに教えてもらったことと、同じような内容が多くあるので
興味深いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お金持ちの行動 貧乏からお金持ちになった人に共通する7つの習慣
資産運用ガイド 午堂 登紀雄

1.      素直である

貧乏な人は素直さが足りないので、「そんなこと知っている」「新しい情報がない」
「自分には無理」と斜めに構え、行動に移しません。本気でアドバイスしても無意味
なので、そっぽを向かれます。

一方、お金持ちになる人は、先人や尊敬する人からのアドバイスを素直に聞き、
愚直に行動する傾向があります。行動した結果、アドバイスの内容を応用できる
ようになり、自分の世界が変化します。さらにそうした姿勢の人は目上の方から
かわいがられるため、チャンスを与えてもらうようになります。

2.      つきあう人を選ぶ

貧乏な人と一緒にいると、影響を受けて自分も貧乏な思考になります。
「不景気だから仕方ない」「やっても無駄だよ」が口癖の人とつきあうと、
自分もそういう発想になります。

しかし、稼ぐ人とつきあえば、「やってみよう!」「それ面白そうじゃん!」など
会話の内容が変わり、自分も発言が変わり、思考が変わり、行動が変わります。
加えて、稼ぐ人は会社の同僚や学生時代の友人ばかりでなく、積極的に異次元の
世界の人に会いに行こうとします。

3.      義理人情を大切にする

貧乏な人はタダで教えてもらおうとし、タダで頼みごとをします。受けた恩は忘れ、
お礼をしません。しかし、自分が与えた恩はしっかり覚えていて
「あんなにしてやったのに!」と文句を言う傾向があります。

お金持ちになる人は、与えた恩は忘れ、受けた恩は忘れません。教えを請う時は、
たとえば必ず手土産を持っていく。何か頼みごとをするときは、必ず相手にメリットが
出るような提案をするというように、義理人情を大切にします。
だからチャンスのお誘いが来るのです。

4.      圧倒的な集中力がある

貧乏なままの人は、何かに熱中するという経験が不足しています。すぐに飽きて、
すぐに諦めます。

お金持ちになる人は、ときに周囲が驚くほどの圧倒的な集中力を
発揮します。もちろん自分が好きなこと、得意なこと、期待されていることに
限りますが、本当に重要な場面での爆発力がすごいのです。

5.      当事者意識が強烈

集中力の原動力となるのは、強烈な当事者意識です。貧乏な人は「自分が
やらなくても誰かがやってくれる」「自分のお金じゃないし…」という発想なので、
責任を取ることを嫌がり、仕事にものめり込めません。

一方、お金持ちになる人は「自分がやらなきゃ」「俺が変えてやる」という
使命感を持っています。だから責任から逃げない、先陣を切って自ら切り開く。
間違えたら誠実に謝罪する。そうやって周囲からの信頼を得るようになります。

6.      走りながら考える

貧乏な人は、頭の中でいろいろ考えすぎて行動できません。だから自分の状況も
何も変わらないのです。

しかし、お金持ちになる人は、まずやってみようとします。
とりあえず走り出し、やってみて間違えに気づいたらその都度修正していきます。
貧乏な人がサイコロを1回振る間に、お金持ちになる人は100回振っているのです。
その分、チャンスも経験値も高まり、より適切な判断ができるようになるのです。

7.      他人の欠点を許せる

貧乏な人は常識に従おうとし、自分の価値観を他人にも押し付けようとします。
そのため他人の常識はずれな言動や欠点を許すことができず、自らも常識はずれの
行動ができません。

お金持ちは、常識を疑い、柔軟で、他人の欠点にも寛容です。
イノベーションとは過去の常識と決別することなので、非常識なことにも興味を持ちます。

今、インドでは億万長者がものすごいスピードで増えていますが、しつけに関して
こんな話を聞いたことがあります。日本の親は「人様に迷惑をかけないように生きなさい」
と教えていますが、インドの親は「お前は人に迷惑をかけていきているのだから、
人のことも許してあげなさい」と教えることがあるそうです。
前者は窮屈さを感じますが、後者はほっとするものがありますね。

Return Top