成功者列伝

在宅中国貿易

自分のちからで稼ぐ経験を起点として、
豊かな人生を手に入れて頂くためのご提案

スマイルプロジェクト

心から楽しい毎日を。
笑顔が増えれば幸せも増える。

無料メール講座

再現性の高い在宅中国貿易のノウハウを
丁寧にステップアップ式で伝授


スクール生の体験談

当スクールの生徒の皆様の体験談を公開しています。
10代〜70代まで性別を問わず実践可能です。

無料ビデオコンテンツ

当スクールのノウハウを学べるビデオを
無料で公開しています。

講師:新田 淳平さん

oda

成功者列伝

講師:新田 淳平さんの場合

在中を始めた状況、その時の心境

居酒屋の店長をしていた時、1日14時間くらい仕事にとられ、
通勤時間、洗濯や、食事などの時間と睡眠6時間はとっていたので
自分の時間はほぼありませんでした。

ある日、体を悪くして入院したことがありました。
生まれて初めて入院しましたが、
おかげ(?)で あれこれ考える時間が取れました。

仕事にやりがいがないわけではない。
もちろん楽しそうに 「ありがとう、また来ます」と
いわれることが自分も嬉しかった。

ただ、このまま40歳になっても続けられるだろうか。
体を悪くして、休まないといけない人が降格になったり
する理不尽を目の当たりにしたり、本社の椅子に座りっぱなしで
周りの人も何をしているのかわからない高給取りのために、
なぜ自分たちが命を削ってまでやる必要があるのか、
そんなことを、考えていました。
小さい人間ですよ。

もともとは飲食で独立し、「雇われずに生きていく」人生を考えていました。

そんなある日会議で、当時お世話になっていた会社の社長に
「みんな飲食が好きやからやってんちゃうん?  なんでやってんの?」 と、
恐らく本人は意識してないでしょうが、 私にとっては確信に迫る質問をされました。

「あ、俺好きではないわ。お客さんを笑わせたり、
喜んでもらったりするのは好きやけど。  別に飲食好きて訳ではない。」

そこら辺からまず「副業」でも良いので何か 収入になることを探しました。

本当にたまたまなのですが、鈴木さんの「ブルーオーシャン戦略」 を
見つけて購入しました。
始めはただ読んでるだけでした。
まあ、特別頭が良いわけでもないので、
いまいちピンと来ていなかったこともあります。^^;

丁度年末で居酒屋も忙しく、へたくそなリサーチをして、
「負けプレ」に出品し、売り上げ1万円くらいで
利益が¥500くらいっだったような気がします。

始めて1か月経過した頃の状況、その時の心境

すぐに在中スクール1期の募集がありました。
その時はかなり悩みましたが、
1歩踏み出さない事には 何も変わらないと思い、
申し込みました。

休みは週1回で、仕事は朝まででしたので、
東京セミナーは 行ったとしても
仕事後に一睡もせずに行くしかありませんでした。

加えて、日曜日はなかなか休みが取れませんでした。
とはいえど今考えれば、言いわけですね。
1回目と3回目の東京セミナーには行っていません。。。

2回目のセミナーの時無理やり休みを取りました。
正直全然実績もなかったので、行くのを躊躇いましたが、
「何のために無理やり休んだのかわからんやろ!」
と自分に言い聞かせセミナーに行きました。
ここでやっと自分のマインドが、大きく変わり始めたと感じています。

4回目のセミナーで休みを取る時、
「日曜日に休まれると困る、やる気がないのか」
のような事を言われた気がしますが、
「はい、後継者を2人作ってやめます。」 と、答えました。

一応お世話になったところですので、極力後を濁さず行きたかったので
副店長候補をを1人・店長候補を1人育てました。

そして何とかリサーチの時間を日々作り、
休みの日はひたすら納品の日々を過ごしました。
あのころは1日3時間寝られていたかどうかですね。
仕事に行っても、セミナーに行ってもいろんな人に
「顔色が悪い、顔色が悪い」 と言われていました。(笑)

月収100万円達成した頃の状況、その時の心境

完全に人生変わった。というよりも「自分が変わった」瞬間ですね。
しかし、あくまで通過点です。
サラリーマンでは考えなかったことを、考えるようになったり、
会う人も変わり、欲しい情報や、興味を持つことも変わり、
「自由」がどういうものかを見つけた気分です。

もちろん、それに伴って責任もありますが、自分が頑張れば何とでも出来る。
困難は、道路の渋滞と同じようなもので、自分が方向を見失わなければ、
進んでいける。
「会社」というなのバスに乗っていたら、こうはいきません。
自分の思わない方向に進んでいくことも多々あります。
少し話がそれるかもしれませんが、在中の講師のお話を初めに
舘坂さんから頂いたとき、本当に有難いと思いました。

在中には、本当に素晴らしい人しかいません。
お世辞ではありませんよ^^
ま、この文章は鈴木さんや講師の人は読んでいないから
言いますけど。。。。

昔の自分のような人を、ひとりでも救っていくお手伝いが出来る。
私自身、在中に恩があるのでその恩返しのためにも、こうやって
講師をやらせて頂いて、感謝しています。

だから、スクールに折角入られた皆さんも、自分を変えて
自分が思ったところに進んでいける人生に変えていきましょう。

Return Top